園長挨拶

レバノン幼稚園は、キリスト教の愛の精神を基に戦後間もなく小高い丘に松の木が立ち並ぶ自然豊かな地に建てられました。
初代園長には、この地が旧約聖書の詩篇で詩つある神の恵み豊かな地”レバノンの地”のように感じ、願い込めて”レバノン幼稚園”と園名を付けました。

現在は松林がなくなり、楠の木が大きく成長して、子ども達のよき遊び場となっています。
多くの卒園生、在園の方々、地域の皆様に支えられ、年輪を脈々と重ねています。

福岡市の南端に位置しておりますので、福岡市、大野城市、春日市の三市より通園致しております。

時代がどんなに変わっても、建学の精神は変わることなくしっかり継承され、子ども達の歓声が聞こえ、また保護者にとっても心が安らげる愛に満ちた幼稚園でありたいと願っています。







 沿革


創立          昭和27年4月1日

認可          昭和28年10月30日

学校法人化      昭和50年6月23日

増改築         昭和50年(本館) 昭和54年(遊戯室)

空調機回復工事   平成21年8月




レバノン幼稚園TOP


沿革


園の概要


園児の一日


年間行事


預かり保育について


未就園児保育のご案内


ご質問&お問い合わせ



レバノン幼稚園保護者様専用ページ

保護者の皆様へお知らせ


園のBLOG








Copyright (C) 2009 レバノン幼稚園. All Rights Reserved.